ご祝儀の取り扱いについて

結婚式・披露宴に参加する時、友人であればご祝儀を渡すことになります。

 

代理人が祝儀を渡す時の取り扱いについては、

3つのパターンからお選びいただきます。

 

①祝儀の空袋を渡す

 

②事前に祝儀代金をお振込みいただき、指定金額をお包みします。

 

③事前に祝儀は渡し済みという設定にして、受付をすまします。

 

④上記以外でご希望があればご相談に応じます。

 

①、②をご選択いたただくお客様がほとんどです。

③のケースは、祝儀の計算を誰がするかによって、可能かどうかがきまります。

 

どのような対応にするか、お気軽にご相談くださいませ。